プリンターのインクには、大きく分けて純正品と互換品があります。品質面では純正品との方が優れていて、コスト面では互換品が優れています。そのため、どちらを選ぶのかというときにはそれぞれの特徴をよく理解した上で選ぶことが大切です。予算の問題がないのであれば、純正品を使うのが一番良くプリンターの持つ性能をフルで引き出すことができ、余計なトラブルに合う可能性もないので予算に問題がないというのであれば互換品を選ぶ意味はありません。逆に予算の問題があり多少リスクがあってもできるだけ安く済ませたいというのであれば、互換品を選ぶ意味というのはあるので、互換品を選んだ場合にはどのようなリスクがあるのかということを理解した上でそのリスクに見合った金額かを考慮して選ぶと良いでしょう。

品質で選ぶのであれば純正品が一番

プリンターのインクはお金の問題を抜きにすれば、純正品を使うのが一番安全で確実な方法と言えます。メーカーがそれぞれのプリンターにあったインクを開発しているわけですから、持てる力を最大限に発揮することができますし、詰まりといった問題が起きる可能性も極めて低いものとなっています。欠点としてはお金がかかるという点にあり、互換品と比較をすると数倍も高いものとなっていますから、あまりお金をかけたくないというときには適さないものとなっています。しかし、プリンターの保証というのは純正品を使用しているということが条件となるので、高価な本体を購入したときなどには互換品を選ばずに純正品を利用しておかないと問題が発生した時に補償が受けられなくなってしまう恐れもあるので注意が必要です。

安さが最大の魅力の互換品を選ぶときには

互換品の最大の利点はなんといっても、純正品と比較をしてはるかに安価であるということです。その分だけ品質面では何かと劣ることになってしまいますが、とにかく安く最低限の印刷品質があればいいというときには適したものとなっています。品質が劣るといっても文章などを印刷するのであれば文字が読めなくなってしまうということもないので、費用削減効果は大きいといえます。ただし、互換品のインクを使用して本体が故障をしてしまったときなどはメーカーからの補償が受けられなくなってしまうことに、注意をしておかなければなりません。すでに保証が切れたものを使い潰すつもりで互換品を使うというときには適していますが、買ったばかりのものでインク代を安く済ませようと互換品を選んだ場合高く付くこともあるので注意が必要です。