インク代をなるべく節約したいなら、まずはプリンターを選ぶことから始めなければなりません。どんなプリンターを選んだかによってインクの選び方が変わってきます。大抵、安いプリンターはインクの種類が限られていたり、純正品しかなかったりと選択肢が少ないです。プリンターを長く使っていきたい場合は、インクの種類を選べるプリンターを購入することが大切です。純正品のインクは高いですが、何かトラブルがあった際にメーカーにすべて任せることが出来ます。但し、一度でも互換品を使った場合メーカーの対象外になることもあるので注意が必要です。互換品も余程酷い使い方をしなければトラブルは起きないのでたくさんインクを使う場合は安い互換品を使った方がお得になるでしょう。

あまりにも安いプリンターには要注意

高いプリンターは高性能で機能もたくさんあります。安いプリンターは性能が高いものに比べて低く、機能も少ないものが普通でしょう。ところがたまに、性能も悪くないのに安いプリンターがあります。それは要注意です。何故なら、そういったものは選べるインクの種類がかなり限られているものだからです。普通のプリンターでしたら、例えば赤のインクが無くなったらそれだけを追加で購入して交換すればいいという柔軟性がありますが、謎の安いプリンターは全色セットになっているので、どれか一色が無くなっただけで全色を交換しなければならないということもあります。それはかなり勿体無いことです。印刷する色に偏りがある人はこういったプリンターを選ぶと損をする可能性がありますので気を付けてください。

メーカー純正品と互換品の違いについて

普通に使う分には実はそんなに大差がなかったりします。高いプリンターを使ってより高品質な色を求めるのでしたらメーカー純正品のインクを使った方がいいでしょうが、安いものでとりあえずトラブルなく印刷できればいいという考えでしたら互換品を選んだほうがコストを抑えることになるでしょう。インクの選び方のポイントは、自分がどういった用途に使うかをきちんと考えることです。互換品もあるメジャーなプリンターを選べば、インクの選択肢が広がるので安く抑えることができるでしょう。保証を求めるのでしたらメーカー純正品を使い続けることをお勧めします。その場合は決して互換品を使わないようにしましょう。メーカーによっては互換品を一度でも使った場合は保証の対象外として取り扱ってくれないこともあります。