昔はとても高価な機器で、事業向けのイメージが強いものでしたが、今ではコンパクトサイズの家庭用の機器が販売されており、とても身近な存在になりました。年賀状や書類を印刷するのに大変便利で、家庭に一台は持っておきたいものとして重宝されています。ところが、よく指摘されている問題として、プリンターのインク代が高いという事実があります。最初に購入すればずっとそのまま使えるのではなく、プリンターのインクは消耗品として使うほど減っていきますから、購入して取り替えなければなりません。購入時の価格が意外にも高いため、多くの人が不満に感じている状態です。不満を解消するためにも、誰にでも行いやすい費用を安く抑える方法を用いるようにして、快適に印刷できる環境を整えましょう。

モノクロレーザーで印刷を済ませる

家庭用プリンターではインクジェット方式のものが大半を占めます。細かな霧状に吹き付けて印刷する方法で、特にカラー印刷が美しいことで有名です。年賀状やポスターなどのカラフルなデザインの印刷に向いていますが、プリンターとしてはインクジェット方式のものは費用がかかるのがデメリットです。知名度や商品ラインナップは劣りますが、レーザー方式の機器も家庭で使えるものが売られています。文字をくっきりと印刷するのに向いています。レーザー方式のプリンターはインク代が安いのが特徴です。たくさんの印刷ができるメリットがあります。カラー印刷では逆に費用がかかってしまいますが、モノクロレーザーならば安く済みますのでおすすめです。モノクロの書類を頻繁に印刷するのであれば、後者を選ぶと費用を抑えられます。

純正品ではなく互換品を使用する

基本的にプリンターのインクは、メーカーが提供している純正品が推奨されています。推奨されているだけで、純正品以外だと使えないわけではないのがポイントです。機器に対応する互換品を選んでも、高品質な印刷が可能です。互換品の特徴は、純正品よりも圧倒的に価格が安いことです。数割程度安いものから、半額以下で購入できるものも存在します。頻繁に取り替えなければならない使い方をしているなら、毎回互換品を用いたほうが、費用を大幅に抑えることができますので、節約方法としては大変優秀です。互換品だと純正品よりも印刷の質が劣るものの、殆ど気にならない程度のレベルですので、家庭用として使うのなら十分に高品質です。事業用として使う場合も、目的によっては純正品の品質に頼る必要はありません。